年代別にデリケートゾーンの悩み原因と対策を知っておこう!

MENU

デリケートゾーン におい,原因,対策

今までにおいなんて気にしなかったのに、急に気になり始めたことはありませんか?
デリケートゾーンのにおいが気になったきっかけは、
「高校生になって部活を始めてから汗をかくようになった。」
「子供を産んで、おりもののにおいが変わった。」
「閉経が近づいているのか生理が不規則になり、生理が近づくとにおう気がする。」
デリケートゾーンのにおいについては、年齢に関係なく気になり、悩みの内容が変わるので戸惑いますね。
それぞれの年代で、どのように対策をすれば良いか知りたいですね。

 


10代でデリケートゾーンがにおう原因と対策

・身体が大人へ移り変わる時期で心身ともにデリケート
10代は思春期で体と心が大人になる準備をしている最中です。
体つきは丸みを増し、デリケートゾーンのアンダーヘアが増えて女らしさが増します。
この時期は数か月ごとに身体が変わっていくので、少し前には感じなかったにおいを急に自覚することが多いです。
においの原因としてはアンダーヘアが増えることと、女性らしい体つきになると共に女性ホルモンのバランスが不安定なため体調も変わりやすくなることです。
例えば、おりものが増え「におい」だけではなく「かゆみ」や「蒸れ」を自覚する人が多いです。

 

・アンダーヘアのお手入れを習慣にする
10代の場合はアンダーヘアのお手入れに抵抗があり、保護者から勧められることも嫌がります。
「においが気になる=アンダーヘアの処理が必要」だという事がわかっていても、10代の女の子としては専門家に処理を依頼するのはとてもハードルが高く恥ずかしいはず。
完全に脱毛までしなくても自分で短くするだけで、においはかなり軽減されるので、アンダーヘアが多い自覚があれば定期的に処理をしましょう。

20代でデリケートゾーンがにおう原因と対策

・身体の成熟が完了して女性として充実する分ストレスも増える
20代の女性は心身ともに成熟して結婚や出産をする人も増えます。
それと同時に社会進出をする人も増えてストレスにさらされます。
デリケートゾーンのにおいはストレスにさらされることでも起こります。

 

・リフレッシュしながら、自分の身体と向き合う
20代の女性はこれから結婚、出産を意識する人が多く、デリケートゾーンの状態にも関心が高いです。
自分でアンダーヘアの処理を行い、婦人科系の専門家にも相談に行く習慣を付けましょう。
デリケートゾーンのにおいがストレスによる体調不良の兆しかもしれないので、少しの体の変調にも気を配りましょう。

 

30代でデリケートゾーンがにおう原因と対策

・女性ホルモンのバランスが大きく変わる時期
30代の女性は妊娠、出産を経験した人が増えて、それまでには経験したことのなかった体調の変化に戸惑う人が多いです。
出産後におりものが増えて蒸れやかぶれの症状が出たり、女性ホルモンのバランスが大きく移り変わるので、デリケートゾーンが何だか気持ち悪いと感じることも増えます。

 

・毎日を少しでも快適に過ごせるように工夫しましょう。
妊娠や出産を経て体調が変わった人は、女性ホルモンのバランスが崩れている可能性があります。
それに伴ってデリケートゾーンの状態も変わるので、ホルモンバランスが崩れないように規則正しい生活をすることが大事です。

40代以上の年齢でデリケートゾーンがにおう原因と対策

・更年期に悩む人が増える
40代になると更年期障害の症状が出る人も多くなり、デリケートゾーンに不快感を持つ人も増えます。
閉経を迎えるころには女性ホルモンが減り、膣の潤いが減り自浄する力が減ってしまいます。
すると雑菌が繁殖しやすくなり、においに繋がります。

 

・自分の症状を把握してリフレッシュする
ホルモンバランスが崩れると、些細なことでかゆみや不快感が出やすいので、普段からデリケートゾーン専用の石鹸などお手入れグッズを使うと心身ともにリフレッシュできます。
デリケートな時期だからこそ自分の身体を労わりたいですね。

関連ページ

もうなりたくない!デリケートゾーンのかゆみ原因と対策方法
一度良くなってもまたなる可能性が高いデリケートゾーンのかゆみ。もう、なりたくないならデリケートゾーンのかゆみの原因を知ってかゆくなる前に対策をしましょう。